都営の賃貸では応募回数で当選率が上がる

賃貸と礼金をなくしてもらうコツ。敷金礼金の高さが気になる場合は交渉してみてはどうでしょうか。

賃貸と礼金をなくしてもらうコツ

都営の賃貸では応募回数で当選率が上がる
いい賃貸物件が見つけられても、敷金礼金の初期費用が痛いな、ということもあるでしょう。できたら安くすませたいですよね。交渉の余地がある場合もあるようですよ。礼金というのはお礼、とうい意味があるみたいですから、交渉するなら礼金がいいようですね。お礼だけに、お礼はそんなにいらないかな、家賃だけ払うなら貸主さんはありがたがってくれるのでは、という物件の場合は交渉するといいみたいですね。つまり、他の人も借りたがっている人気物件の場合はちょっと無理みたいですね。礼金を払っても住みたい物件があるわけですね。

その逆で、長いこと誰も住んでいない不人気物件もあるわけですよね。そういうのは見分け方はどうすればいいんだろう、と思いますが、普通にいつから空室なのかを訊ねてみるといいみたいですね。その期間がけっこう長ければ、貸す方としては借りて欲しい物件ということになりますよね。あと、普通に考えて条件が悪いことがいくつもある物件というのもなかなか借り手がいないかもしれないので、そういうところは交渉しやすいのかもしれませんね。礼金がないとかなり助かると思うので、他にも交渉しやすいポイントを頭に入れてから不動産屋さんに交渉してみてはどうでしょう。