都営の賃貸では応募回数で当選率が上がる

賃貸物件はごみ出しや自転車置き場などの共用部分だけでも、入居者のマナーがある程度推測できる。

マナーのいい賃貸物件でトラブルを回避する

都営の賃貸では応募回数で当選率が上がる
賃貸物件では、春は一度に入居者が入れ替わります。私語との関係や進学などが新年度に一度に重なるので、入居者の入れ替わりも相当になります。それだけにどのような人と隣り合わせになるのかわからないというリスクも潜んでいます。もし落ち着いて引越しゆとりがありのなら、引越の繁忙期を避けたほうが賢明な面もあります。

入居者が一度に代わるということで、これまで安定していた賃貸物件でトラブルが頻発するということもあります。特に騒音やごみ出し、自転車の並べ方といった、マナーの問題であったり、共用部分の利用の仕方が乱れることがあります。なかにはなかなか改善されずにトラブルが長引く物件もありますから要注意です。

繁忙期を過ぎて後から入居をしようとすれば、トラブルのある物件はある程度未然にわかるので、避けることができます。またそれらの物件は入居者のマナーの問題だけでなく、管理をするべき不動産会社がきちんとしていないということも考えられます。場合によってはほかの業者の物件を紹介してもらったほうがいい場合もあるでしょう。できるだけ入居後にトラブルに巻き込まれないようにすることが必要です。快適な暮らしのできる物件を選ぶことが何よりも必要なことになってきます。